株式会社DSCの宣伝手段は新聞紙だけではありません

ふと、本日の読売新聞の広告欄を眺めてみたところ、
弁護士事務所や法律事務所の広告はありませんでした。
新聞社ごとの特徴かもしれませんが、
読売新聞の広告欄は本・雑誌系が多い気がしました。
次いで、ダイエットサプリメント系や大学広告などが目立ちました。

株式会社DSCは事業の一環に、弁護士事務所や
法律事務所の情報を新聞紙にて広報させるお手伝いを行っていますが、
この新聞広告の回数はそこまで多くないかもしれません。
理由としては、新聞広告のコストが高いことが考えられます。
新聞紙というものは他社との競合がありますが、
各世帯のほとんどが利用しているほどニーズの高い商品です。
一人暮らしではあまり取らないかもしれませんが、
ファミリー世帯でしたら30人中29人の割合で
どこかしらの新聞を定期購入していると思われます。
(私の小学校時代、新聞を取っていない方がクラスに1人居ましたので)
それゆえ、テレビやラジオのCMほどではありませんが、
新聞紙への広告掲載料は非常に高いのです。
逆に言えば、あの情報量を持つ新聞紙があれだけの安さを誇るのは、
この広告掲載料で賄っているとも言えます。

ただし、株式会社DSCが伝える手段は新聞紙だけではありません。
地域に配布される広報誌(フリーペーパー)ポスティング
電車の中で張られている広告なども手掛けています。
おそらく、新聞紙の広告面よりも電車内での
弁護士事務所や法律事務所の広告の方が多いかもしれません。

また、株式会社DSCはその事務所の自社パンフレットなども作成しています。
こうしたパンフレットを市役所や公共施設などに設置することで、
必要な人に必要な情報を届けることが可能になるのです。

法律業界の情報宣伝に特化している株式会社DSCの存在は、非常に大きいのです。