株式会社DSCは電車の中で広告させます

株式会社DSCは交通広告を行っています。
電車やバスの中で、ドアや側面、中吊りといった場所で
広告を目にした機会は必ずと言っていいほどあると思われます。

もちろん、法律会社が株式会社DSCに頼らず、
直接JRなどの交通機関に電話して
「○○日に××列車の△△の場所に□□サイズの広告を貼りたい」
依頼することは可能ですが、
情報発信の素人では「どの××列車が有用か」
「どの△△の位置が効果的か」など分からないと思われます。
選択肢が2~3個程度でしたら悩むことはありませんが、
皆さん、電車に貼られている広告の数が膨大なのは周知の事実ですよね。
株式会社DSCの役割は「いつ」「どこで」「どのように」
適切に紹介することを可能にする広告会社なのです。

試しにJRの車両広告料金を見たところ、非常に料金が高いことが分かりました。
1週間で平気で100万円を超えるのが数多くあります。
そして、地域差が非常に激しいことが分かりました。
首都圏では500万円オーバーがザラにありますが、
地方に行きますと、10万円台まで落ち込みます。

基本的に、人口密度や乗車率に比例しているイメージです。
また、広告する位置も結構たくさんの選択肢があります。
中吊りや窓上、ドア横の3つは有名ですが、
ステッカー(ドアガラス)やデジタルサイネージ(電光掲示板)、
つり革、電車車体への広告も可能だそうです。
株式会社DSCはこの中でも最も費用対効果が望める場所を吟味して、
各交通機関に注文するのでしょう。