『法律の窓口』で「傷害事件」を解決する弁護士を探す

「民事事件と刑事事件の違いはなんですか?」とは、
よくある質問です。
2人以上の人間が居てどちらの罪をどうするかが民事事件で、
1人の人間の罪をどうするかが刑事事件だそうです。

その刑事事件ですが、日本にはあまり「刑事事件」を
専門とする弁護士は少ないと思います。
恐らく、「殺人事件を解決する私営探偵」ぐらいの
希少さではないでしょうか。
今の日本はそこまで殺人事件は多くなく、
そもそも捜査権自体がありませんので、
探偵の仕事と言えば、浮気調査ぐらいだと思います。
ちなみに、浮気調査の需要はそこそこあるそうです。

『法律の窓口』で紹介している
「刑事事件」の専門家(事務所)は「横領」や
「痴漢冤罪」といった事件を専門としています。
そもそも、『法律の窓口』で紹介した専門家(事務所)は
「債務整理」や「交通事故」など、
複数の法律の問題を得意分野にしていますので、
「刑事事件」のみを扱っている訳ではありません。

その『法律の窓口』で紹介した専門家(事務所)は
「横領」や「痴漢冤罪」が専門ですので、
「殺人事件」(正確には「傷害」)は専門外と言えるかもしれませんが、
問題はどこまでのレベルを専門外とするかです。
弁護士の資格を有していますので、
少なくとも「傷害」に関する法律には詳しい筈です。

例えば、履歴書に記載する「パソコンが得意」にも、
ピンからキリまでありますよね。
エクセルで表計算が出来る方から、
HTMLを高速で打ち込める人まで様々です。
ですから、『法律の窓口』で紹介されている専門家(事務所)に
「傷害」に関する相談はしても大丈夫だと思います。
少なくとも、「殺人」にまで発展しなければ、
どの弁護士でも大差ないと言われているそうです。
基本的にみなさん、優秀ですので安心です。