まずは法律の窓口にアクセスしてみよう

日曜の昼の12時から1chでやっている番組は
かなりの長寿だと思います。
正直、笑ってイイトモよりも長い気がします。
その番組では法律に関する悩みが漫才形式で紹介されています。
そして、その悩みが非常にマニアックで、
かつ賠償額も低いことが特徴です。
中には数百万円単位の賠償が発生するような悩みもありますが、
この前行っていた番組では8万円の賠償でした。
そして、『請求できない』とされました。
基本的にケースバイケースですが、誰かが明確に損をする・得をする、
といった事象が発生しませんと、賠償を請求することはできないそうです。

では、こうした悩みを弁護士に相談できないかと言いますと、
損得勘定をするなら出来ません。
法律の窓口にて弁護士を探しても、相談料は基本的に有料です。
そして、その額も非常に高く、
最初の相談だけでも30分5,000円も取られるのが相場になります。
そして、解決に向けて弁護士を働かせる場合、
総額で数十万円以上も掛かることも珍しくありません。
少なくとも、8万円の賠償のために、弁護士を働かせることは出来ません。
逆に言えば、数百万円単位の賠償がある場合は、
法律の窓口で弁護士を探すのが望まれるかもしれません。

消費者問題は、個人では数百万円単位の賠償はあまりありません。
しかし、その会社(商品)に関わる個人は複数の場合が多く、
総額させれば数億円の被害額に及ぶこともあります。
そうした場合は、消費者センターに相談する、
もしくは『被害者の会』のようにグループが
集まって弁護士に相談するといった方法があります。

弁護士に相談するのは非常にお金が掛かります。
しかし、中には自分で簡単に調べて解決できることもあります。
法律の窓口にはトピックス的なことも記載されていますので、
もしかしたら、それを読むだけで悩みが解決することもあります。
まずは、法律の窓口にアクセスしてみてください。