オススメとしない広告を提案しないことも株式会社DSCの強みです

あまり知られていませんが、
電車の外側となる面の車両にも広告媒体を貼ることが出来ます。
費用は高いですが、その分、効果は強いと言えます。
株式会社DSCは士業専門の広告代理店として、
その媒体のひとつに電車やバスを提案しています。
その際、外装での広告も可能ですが、
株式会社DSCはきっとオススメしません。
費用対効果に見合わないのもありますが、
主張の激しい広告はマイナス面として捉えられがちになるからです。

この辺りは人間の心理状況によるのですが、
ヒトはパーソナルスペースを侵害されたくない生き物になります。
それは視界に対しても同様で、
異物となる光景を受け入れにくいというものがあります。
山の自然の中にポツンとある人工物に嫌悪感を抱きますよね。
京都市でも景観を壊すハイカラな建物の設置は禁止で、
マックやセブンの配色も京都チックに修正されているのは有名な話です。
主張の激しい広告もそれに近いものがあります。

普段見慣れた街の風景に、異質となるモノが走行していましたら、
誰だって良い印象を抱かないものです。
バスの外装はバスであることが普通ですので、
特に好んで見たいと思うもの以外でしたら、
あまり主張しない方が得策なのです。
妖怪ウ○ッチなら見たいかもしれませんが、弁護士の情報を載せても、
不要と感じる方のほうが多いのではないでしょうか。

それゆえ、不特定多数に対し不快を与えずに広告することが重要となるのです。
そうした見極めも株式会社DSCの専門分野だと思います。
一般の方々に受け入れられる種類の広告と受け入れられない広告がありますので是非、
専門家である株式会社DSCに頼るようにしてください。